ブログのテンプレート


ロコです。



コピーライティングでライターが使う法則は

いろいろあるのはご存知ですか?



なぜそれらの法則を使うかというと

成約率が高くなるからです。




私が使っているのは、売り込みの型です。




売り込みの型

  • なぜ
  • どうやって
  • 今スグ




これをコピーに当てはめます。



この売り込みの型については、こちらに

詳しく書いていますので

参考になさってください。



情報商材アフィリエイトのレビュー記事の書き方 テンプレートあり



今回の記事では、コピーライティングで

ライターが使う有名な法則をご紹介します。



Aida 227613 640

AIDAの法則

AIDAの法則は、セント・エルモ・ルイス氏が

提唱しました。




AIDAの法則

A: Attention 注意

I: Interest 関心

D: Desire 欲求

A: Action 行動




A: Attention 注意

読者の注意を引く箇所です。

読者が次を読みたくてたまらないという

状態にさせることを言います。



セールスレターで言えば、ヘッドラインや

キャッチコピー、メルマガで言えば

タイトル(件名)になります。



I: Interest 関心

ここで、読者に関心を持ってもらいます。

読者の共感を得ることを目的とします。



D: Desire 欲求

「この商品で、あなたの悩みは

  解決できますよ」



ということを読者に伝え、その商品や

サービスを欲しいと思って

もらう段階です。



そのためには、読者の悩みを解決

できる理由を述べます。



また、口コミや返金保証を書くことに

よって、読者がその商品やサービスを

欲しいという思いにさせます。



あなたの提案する商品・サービスを

手にすると、どういう未来が読者に

待っているかここで伝えることも

重要です。



その未来は、読者が具体的にイメージ

できるようなベネフィットを

伝えましょう。



A: Action 行動

ここで、読者に行動してもらいます。

商品・サービスの購入や申込みを

してもらうのです。



このActionの段階で、



  • 限定性…先着30名様
  • 期限…明日の17時まで受付
  • 条件…月収100万以上稼いでいる方はご遠慮ください


など希少性や限定性を使い、見込み客の

購買意欲を高めることも、成約率が

高くなる要因となります。



Macbook

PASONAの法則

PASONAの法則は、神田昌典氏が

提唱しました。




PASONAの法則

P: Problem 問題

A: Agitation あぶりたて

So: Solution 解決策

N: Narrowing down 絞り込み

A: Action 行動




見込み客の抱えている問題を提示します(P)。

そして、その問題をより細かくあぶり

たてます(A)。



そのうえで、見込み客に売ろうとしている

商品やサービスの内容を語り(So)、

その商品やサービスが見込み客に

とって必要なことをあおるために

絞り込みます(N)。



そして、行動を明示します(A)。



MacBook

新PASONAの法則

こちらも神田昌典氏が提唱しました。

時代の流れとともに旧PASONAの法則を

改善することを目的とした新PASONAの法則です。




新PASONAの法則

P: Problem 問題

A: Affinity 親近感

S: Solution 解決策

O: Offer 提案

N: Narrowing down 絞り込み

A: Action 行動




旧PASONAの法則との違いは、2番目のAが

Agitation(あぶりたて)からAffinity

(親近感)になったことです。



そして、SolutionのOをOffer(提案)として

独立させたことにあります。



新PASONAの法則は、見込み客が抱えた

問題または欲求を明確化し(P)、見込み客と

同じ痛みや悩みをストーリーや五感で

描写します。



これは、見込み客に共感するという

意味です(A)。



そして、その見込み客が抱えた問題を

解決できる方法があることを伝え(S)、

具体的なオファーをします(O)。



その提案を受け入れ、問題を解決できる

人の条件を絞り込みます(N)。



最後に、見込み客が緊急に行動しなければ

ならない理由をあげ、行動を促します(A)。



新PASONAの法則については、こちらに

詳細があります。



コピーライティングの法則 新PASONAの法則





QUEST

QUESTフォーミュラ

QUESTフォーミュラはマイケル

・フォーティン氏が提唱しました。




QUESTフォーミュラ

Q: Qualify コミットする

U: Understand 理解・共感を示す

E: Educate 教育する

S: Stimulate 刺激を与えて興奮させる

T: Transition 行動させる




QUESTフォーミュラの内容ですが、見込み客に

あなたがある約束をして、見込み客の興味を

惹きつけます(Q)。



そして、読者に理解を示し、共感します(U)。



あなたが紹介したい商品やサービスに

導くように読者を誘導します(E)。



読者の悩みを解決させたいという気持ちを

煽(あお)ります(S)。



最後にオファーを提示して、読者を

行動させます(T)。



QUESTフォーミュラについては

こちらに詳細があります。



コピーライティングで儲かる法則 QUESTフォーミュラ 例文付




コンピューター

まとめ

コピーライティングでライターが使う

有名な4つの法則を紹介しましたが

いかがでしたでしょうか?



私は、冒頭でお話した、売り込みの型を

主に使いますが、たまにAIDAの法則も

使うので、説明に力が入りました。



一つひとつの法則については、

また例を挙げながら、詳細に

説明しますね。





「どれが一番オススメの法則ですか?」



などご質問がありましたら

ロコにメッセージをください。



⇒ ロコへのメッセージはこちら



ご質問やご相談には48時間以内に

回答いたします。

この記事を書いた人

ロココンサルタント
大学院博士課程まで進学するが病気を
理由に中退し、ニートになる。
ある日、ネットビジネスに出会い、
人生が大逆転する。

現在は、情報発信、コンサルティングや
Kindle執筆などをする。

Kindleは、6冊出版。Amazonランキングで
6部門1位に輝いたり、頻繁にベストセラー入り
したりする。

現在もKindleを執筆中。