QUEST


ロコです。

売れるコピーは、テンプレート(型)を

必ず使っています。



コピーライティングで儲かる法則には、

PASONAの法則とかAIDAの法則とか

いろいろありますが、QUESTフォーミュラ

というものもあります。



フォーミュラとは、「型」という意味です。

日本では、QUESTの法則とも言われています。



顧客心理に沿って、コピーを書くことが

できるのです。



QUESTフォーミュラは、世界的に有名な

マイケル・フォーティン氏が提唱しました。



このQUESTフォーミュラが、英語圏では

一番反応があり、成約がとれる型と

言われています。



今回は、コピーライティングで儲かる

法則であるQUESTフォーミュラについて

書きます。



QUESTフォーミュラとは

QUESTフォーミュラ

Q: Qualify(絞り込む、約束する)

U: Understand(共感する)

E: Educate(教育する、啓発する)

S: Stimulate(刺激する、興奮させる)

T: Transition(行動させる)




この、Qualify、Understand、Educate、

Stimulate、Transitionの頭文字でQUEST、

フォーミュラは型という意味で

QUESTフォーミュラと言います。



MacBook

Q: Qualify(絞り込む、約束する)

Qualify(絞り込む、約束する)は、絞り込み、

約束するセクションです。



このセクションで、読者にこのページを

スクロールしてもらえるかが決まるので

重要な部分です。



「あなたが読むべきページですよ」

ということを示します。



そして、



「あなたをここのレベルまで持っていきます。

 なぜなら、○○という証拠があるからです」



と、見込み客に約束したら、理由をつけて

説明してください。



理由をつけないと、読者は消化不良に

なるからです。




握手

U: Understand(共感する)

Understand(共感する)のセクションでは

あなたが見込み客の悩みに共感を示します。



「あなたの気持ちわかりますよ」



と見込み客に絶えず発信し、共感してもらい、

信頼してもらいます。



自分も昔はあなたと同じようにできなかった

という経験を書きます。



しかし、それでもできるようになりました

という流れで書きます。



読者に共感すればするほど、読者は

あなたに共感し、信頼します。



読者はあなたの上辺だけの共感には

信頼しません。



ですから、しっかり読者に共感しましょう。




教育

E: Educate(教育する、啓発する)

Educate(教育する、啓発する)のセクションは

悩みを抱えている人に対して、 あなたの商品や

サービスがその悩みを 解決できることを説明します。



このセクションで、相手との信頼関係を

構築していきます。



S: Stimulate(刺激する、興奮させる)

Stimulate(刺激する、興奮させる)の

セクションにおいて、見込み客がその商品や

サービスを入手したら、悩みが解決するという

話をします。



その商品のベネフィットを提示して、

見込み客を興奮させるのです。



*ベネフィット…利益、恩恵



そして、その商品やサービスを購入したら、

「あなたにどのような未来が待っているか」

を明確に伝えます。



T: Transition(行動させる)

Transition(行動させる)のセクションは

CTAの意味です。



*CTA:Call To Action(コールトゥ

 アクション)…行動喚起。

 「今スグお申し込みください」

 「今スグクリックしてください」

 と見込み客に行動を促すこと。



見込み客に、具体的にどういう行動を

して欲しいのかを提示します。




タイプライター

QUESTフォーミュラの例文

QUESTフォーミュラの例文を書きます



Q: Qualify(絞り込む、約束する)の例文

売れる記事が書けなくて困っているなら

私におまかせください。



あなたの文章を読んで、どうして

あなたがつまづいているのかつきとめます。



そして、あなたが売れる記事が書けるように

なることを約束します。



なぜなら、私はライティングコンサルを

しているのですが、売れる記事を

書けるようになったコンサル生が

続出しているからです。



U: Understand(共感する)の例文

私も、4年前は、コンサルの先生に

怒られてばかりでした。



それくらいヒドイ文章を書いていたのです。

だから、あなたの気持ちが手に

取るようにわかります。



しかし、今は、ライティングコンサルタントに

なれたくらい上達しました。



E: Educate(教育する、啓発する)

私のライティングコンサルを受けてみませんか?



私のコンサルを10日受けて、初心者

アフィリエイターなのに、コンサル生を

持った人がいます。



コンサル生ができたら、継続して

キャッシュが入るので、それまでのように

お金に困る生活ともサヨナラです。



S: Stimulate(刺激する、興奮させる)

私のコンサルを受けたら、売れる記事が

書けるようになります。



あなたの商品が売れるようになります。



読者との信頼関係も築けるようになります。

毎月通帳をニヤけて見るようになります。

海外旅行も気楽に行けるようになるのです。

家族とリッチな温泉旅行にも行けるようにも

なります。



T: Transition(行動させる)

あなたの記事をしっかりと添削したいので

3名様限定とします。



売れる記事が書けるようになりたい方は

私のライティングコンサルに今スグ

お申し込みください。

⇒ URL



Macbook

まとめ

初心者の方は、QUESTフォーミュラの型を

しっかり守って書いてください。



守破離という言葉があるように、

はじめは型を守って、何回も書いて

慣れてきたら、各パーツを入れ替えたりして

コピーを整えましょう。



QUESTフォーミュラの他にも型が

あります。



こちらにまとめているので、興味のある方は

参考にしてください。



コピーライティングでライターが使う有名な法則





今日の記事はいかがでしたか?



「ここがわからなかったな。。」

ということがあれば、ロコにメッセージを

ください。



⇒ ロコにメッセージを書く



ご質問やご相談には48時間以内に

回答いたします。

この記事を書いた人

ロココンサルタント
大学院博士課程まで進学するが病気を
理由に中退し、ニートになる。
ある日、ネットビジネスに出会い、
人生が大逆転する。

現在は、情報発信、コンサルティングや
Kindle執筆などをする。

Kindleは、6冊出版。Amazonランキングで
6部門1位に輝いたり、頻繁にベストセラー入り
したりする。

現在もKindleを執筆中。