吊り橋


ロコです、



不安や恐怖を感じた時、同じ場所

いた相手に恋愛感情を抱くことを

吊り橋効果と言います。




恋愛面でも効果ありですが、

マーケティングにも活用できます。



今回の記事では、吊り橋効果を

マーケティングに活用する方法

などを解説します。



吊り橋効果とは

吊り橋効果とは、興奮していたり、

緊張していたりする時に、恋愛を

している状態だと勘違いしてしまう

心理効果を言います。



吊り橋効果は、心理学者のダットンと

アロンが提唱し、検証しました。



男性に高さ3メートルの固定された橋と

高さ70メートルの吊り橋を渡ってもらい、

その橋の上で女性からアンケートを受けて

もらうというものです。



女性から男性に

「結果に興味があれば後日連絡をください」

と言って連絡先を渡されました。



連絡をしてきた男性は、吊り橋を渡っていた

男性がほとんどでした。



固定された橋を渡った男性からの連絡は

1割程度でした。



高さがあり、揺れる吊り橋を渡ったほぼ

全員の男性は、スリル満点でドキドキした

経験を、アンケートをしてきた女性に対する

恋愛感情だと思ったみたいです。



不安定な吊り橋の上に立つと、人は緊張して

心拍数が上がり、ドーパミンが分泌されます。



ドーパミンは、恋愛や楽しさなどによる

ドキドキであると思ってしまいます。



だから、吊り橋の上でアンケートされた

女性に恋愛感情を抱いたと錯覚して

しまったのです。



日常生活での吊り橋効果

恋愛



気になる異性と、同じ仕事を任されたり

行動したりするシチュエーションに なったら、

吊り橋効果により、恋愛感情が

芽生えることがあります。



また、アルコールは、心拍数を上げる

働きがあります。



お酒を飲んで心拍数が上がるとテンションが

高くなり、大胆な行動を起こすのです。



普段気にもしなかった異性に

ドキドキすることもあります。



他にも吊り橋効果が期待される

シチュエーションがあります。



それは、気になる異性の左側に

立つことです。



相手の心臓に近い側にいることで、

相手の鼓動を活発にすることが

できるのです。



吊り橋効果が期待されるので

気になる異性のいる方は

挑戦してみましょう。



吊り橋効果をマーケティングに活用する

ストーリー



吊り橋効果をマーケティングに活用する際は

吊り橋を渡るようなドキドキ感を

体験しなくてもいいです。



読者の感情を揺さぶるストーリーを

書きましょう。



その商品がどうして生まれたのか、

商品開発への思い、いろいろな危機を

乗り越えてその商品が生まれた誕生秘話

などストーリーで書きましょう。



そうすることで、読者は書き手に連帯感や

親近感を感じ、商品を購入するのです。



また、体験談を書くことで、読者は書き手に

自分自身の体験と重ねることにより



「この人は私と同じだ」



「この商品は私の悩みを解決して

 くれるかもしれない」



と親近感を持ってもらうことで

見込み客の背中を押すことができます。



注意することは、商品のメリットだけを

アピールしないことです。



必ずデメリットも述べてください。



その上で、いかにこの商品があなたの

悩みを解消してくれるかということを

述べれば説得力があるし、見込み客も

購入へと至りやすいです。



おわりに

アンケート



吊り橋の上でアンケートをとったことで、

アンケートをとった女性に男性が、

恋愛感情を持ったことから名付けられたのが

吊り橋効果だと知った時は、 正直驚きました。



吊り橋の上で女性に恋愛感情を

持つものなんですね。



ドキドキしているから、恋愛と

間違えたというカラクリ。



おもしろいですよね。



日常にもマーケティングにも

活用してみてくださいね。




今回の記事でわからなかった

ことはありませんか?



「ちょっとここがわかりにくかったな。。」



というようなところがありましたら

ロコにメッセージしてください。



あなたがわかるまで説明します。

⇒ ロコへのお問い合わせはこちら



ご質問やご相談には48時間以内に

回答いたします。

この記事を書いた人

ロココンサルタント
大学院博士課程まで進学するが病気を
理由に中退し、ニートになる。
ある日、ネットビジネスに出会い、
人生が大逆転する。

現在は、情報発信、コンサルティングや
Kindle執筆などをする。

Kindleは、6冊出版。Amazonランキングで
6部門1位に輝いたり、頻繁にベストセラー入り
したりする。

現在もKindleを執筆中。