ビジネスを木に表した図

ロコです。



「ブルーベリーサプリについていた

 試供品のプラセンタ、気に入ったから

 定期購入しちゃおう!」



「お試し」や「サンプル」に弱い私は

『お得』だと思うとすぐに何でも購入して

しまうクセがあります。



後でよく考えたら、プラセンタは

高価なので、定期購入を解約しようと

サプリの販売会社に電話しました。



しかし。。定期購入は3ヶ月経過しないと

解約できないとサプリ会社に言われ、



「コノー!また乗せられてしまったよ。。」



と後悔と自分に対する腹立たしさで頭を

かきむしってもどうにもできなかった。。

なんてことが私はしょっちゅうあります。



そのたびに、



「あの定期購入がなければ、友達と

 リッチなランチにでもいけたのに」



などとブツブツ言っている自分がいます。



あなたもこんな体験したことないですか?



フロントエンドとバックエンド

これは、サプリ会社のフロントエンドと

バックエンドという戦略です。



これはどういう戦略なのでしょうか?



サプリメント

フロントエンド

フロントエンドというのは、集客するための

見込み客に最初に売るための商品です。



利益は二の次なのです。

フロントエンドは、利益を

得るためのものでは

ありません。



目的は、購入者を獲得し、双方の関係を構築させ、

バックエンドを購入してもらうことなのです。



フロントエンドで、売れやすい商品を用意し、

多くの顧客を獲得することが目的です。



この場合、利益ゼロでもOKです。

極端な話、赤字でも構いません。

タダで顧客を獲得できるからです。



だから、顧客が買いやすい、

手頃な価格にするのです。



これがフロントエンドの商品の特徴です。



「ロコさん、そんなに抽象的な話を

 されてもわかりません」



後で、具体例を出すので、もう少し

読み進めてみてください。



女性が買い物袋を笑顔で持っている

バックエンド

フロントエンドが集客用の商品なのに

対して、バックエンドは、本命の 商品です。



フロントエンドの商品を購入した顧客に

この本命の商品を購入してもらって

利益を出すのです。



顧客が、フロントエンドの商品を買って

くれるということは、その売り手のファンと

いうことになります。



なので、その顧客がバックエンドの商品を

購入する確率も高くなります。



ただ、顧客からすれば、高額な商品なので

手を出しにくいのが特徴です。



ハンバーガー

有名なフロントエンドとバックエンド

このフロントエンドとバックエンドの戦略は

いろいろな企業が採用しています。



マクドナルドで、コーヒーを注文すると、店員に



「ご一緒にビックマックはいかがですか?」



と勧められます。



こんなに身近にあるマクドナルドも

フロントエンドとバックエンドの

戦略が立てられているのです。



化粧品やサプリメントも、私が体験した例のように

サンプルやお試し品を見込み客に提供し、



「今、コラーゲンサプリを購入すると

 定期購入が3ヶ月間100円引きになります」



などと広告に書いてあり、定期購入を

申し込む人が増えるわけです。



誘惑の多いデパ地下。

ご存知のように、試食品に溢れています。

試食しておいしかったら、購入してしまう

誘惑には、私は今でも勝てません。



スーパーにあるもやしはどうして28円で

売っているかわかりますか?



それは、もやし単体で食べることが

ないからです。



もやしを食べるのであれば、他の野菜や

肉なども購入することになります。



これもフロントエンドとバックエンド

戦略になります。



そして、スポーツジムの無料体験も

フロントエンド、その後正式会員になるのも

バックエンドになります。



マック2台を見ている女性

情報商材のフロントエンドとバックエンド

あなたもご存知だと思いますが、

情報商材にもフロントエンドと

バックエンドがある場合が多いです。



フロントエンドの商材は、安い価格で、

多くの購入者に価値のある

ものでなければなりません。



そうすれば、購入者のバックエンドの商材への

期待が膨らみ、購入率も高くなるからです。



「こんなに素晴らしい商材なんだから

 この額をバックエンドに支払ったら、もっと

 稼げるようになるのではないだろうか?」



私が経験したのは、バックエンドが全部で

3回くらいあった商材がありました。



1度は購入しましたが、あまりにバックエンドが

高額で、胡散臭かったので1度購入しただけでした。



私は詐欺にあったことはないですが
あまりにも

『おいしい』話だと思ったら

商品を購入しないようにしています。



あなたも注意してください。



特別なオファー

まとめ

いかがでしょうか?



マーケティングって難しいイメージが

ありますが、具体的に見ていくと



「ああ、そういうことなのか!」



と納得できませんか?



あなたの周りには、フロントエンドと

バックエンド戦略で溢れています。



実は、私もフロントエンドと

バックエンド戦略で稼いでいます。



ロコのメルマガ読者様は「あ!」と

気づかれたことでしょう。



そのフロントエンドとバックエンド戦略を

学びたい方は、こちらに登録されてください。



無料オファーですが、『無料』でも

とても勉強になります。



そういうマーケティングの視点を持つと

違った角度でこの業界が見えてきますよ。



⇒ マーケティングの視点から稼ぎの仕組みを見るならこちらをクリック



今日のフロントエンドとバックエンドの

戦略でわからなかったことはありますか?



「フロントエンドはなぜ安くするのですか?」



などご質問がありましたら、ロコに

メッセージをくださいね。

こちらにお願いいたします。

⇒ お問い合わせはこちらをクリック



ご質問やご相談には48時間以内に

回答いたします。

この記事を書いた人

ロココンサルタント
大学院博士課程まで進学するが病気を
理由に中退し、ニートになる。
ある日、ネットビジネスに出会い、
人生が大逆転する。

現在は、情報発信、コンサルティングや
Kindle執筆などをする。

Kindleは、5冊出版。Amazonランキングで
6部門1位に輝いたり、頻繁にベストセラー入り
したりする。

現在もKindleを執筆中。