MacBookで仕事をしている


ロコです。



外注さんに記事を依頼する時、私が

注文している記事の書き方をマニュアルに

しました。



是非、あなたも参考にしてください。



そして、肉付けして、外注さんにPDFを

そのまま渡してもいいです。



ただ、ブログにコピペはしないでください。

Googleからペナルティを受けます。



ペルソナ設定

ペルソナとは、商品やサービスを売る時に

モデルとなる架空の人物のことを言います。



そのペルソナの設定ができていないと

記事がブレます。



「ここは、23歳のOLに書いているのに

 ここは、35歳の中年の男性に書いている」



という具合になるのです。



だから、あなたが



「この人に商品を売りたい」



という架空の人物を1人設定して

ください。



それは、過去の自分でもいいです。



過去の自分なら、問題が発生した時の

解決方法がわかるので、オススメです。



ペルソナの設定は、名前、性別、職業、

年齢、趣味、家族構成など決めなければ

なりません。



こちらを参考にしてください。



アフィリエイトにペルソナ設定は必要か?



Google

ユーザーの検索意図を考える

読者が、なぜそのキーワードで 検索したのかを

考えることも重要です。



例えば、



「アフィリエイト おすすめ 本」



というキーワードがあったら、ユーザーは



「アフィリエイトのオススメの本が

 知りたいのだな」



とわかります。



キーワード選定の時に、いつも



「ユーザーは何が知りたいのだろう?」



と思いながら選定すれば、何を記事に

書けばいいのかわかりますし、その記事

内容を濃くすることもできます。



記事構成

コンテンツの記事構成

コンテンツの記事構成は、下の図の

ようになります。



コンテンツ



私は、コンテンツの記事構成を考える前に

マインドマップで頭を整理してから、

記事構成を考えるようにしています。



マインドマップであらかじめ書くことが

決まっていたら、一気に記事を書ける

からです。



マインドマップについては、こちらに

詳しく書いています。



ライティング初心者が記事を速く書く7つのコツ



本のタイトル

タイトルの付け方

タイトルは、SEOとユーザーの両方を

意識しましょう。



31文字以内のタイトルにします。

これは、Googleで表示されるタイトルが

31文字以内だからです。



そして、メインキーワードを一番左に

持ってきてください。



そして、読者目線のタイトルにしましょう。



「この記事を読んだら、自分の悩みが

 解決する」



と思うようなタイトルです。



例)

【永久保存版】読みやすいアフィリエイトブログの書き方



このタイトルは、私のブログの記事の

タイトルです。



【永久保存版】と書くことで、読者に注意を

促し、ブログが書くのが苦手な人も

読みやすいブログを書けるようになる記事だと

いうことを示しています。



他にも例を出します。



例)

アフィリエイトで4つの売れる記事の書き方と

大切な3つのマインド



これは、数字を使うことにより、

インパクトがあります。



「売れる記事の書き方」を知りたい人は

このタイトルをクリックするでしょう。



開いた本

オープニングの書き方

オープニングは、本文を書いた後に

書きます。



オープニングは、「続きを読みたい」という

インパクトのあるものでないといけません。



でないと、本文を読んでもらえないからです。

それだけオープニングに力を入れてください。



例)



  • 今スグ10万円が手に入る方法を知りたくないですか?
  • 嘘!?おばあちゃんが年収1000万円?
  • 見逃さないでください。後悔はオススメしません。


1文目は2文目を読ませるためにあり、

2文目は3文目を読ませるために

あることを忘れないでください。



新聞の見出し

見出し

見出しは、記事の内容を簡潔に

まとめたものです。



見出しは、大きな数字ほど、小さい

見出しを表します。



見出しは、h1, h2,

h3の順番で書きましょう。

h6まであります。



ただ、厳格な見出しタグの設置のルールは

ないので、そう神経質にならなくても

いいでしょう。



また、h1タグは一つということを

覚えておいてください。



見出しタグは、ユーザーがコンテンツを

見やすいようにつけましょう。



本の上のメガネ

本文

本文は、読者に価値を提供するものに

しましょう。



欲しい額の10倍の価値を与えるように

してください。



1万円欲しいなら10万円の価値を

与えましょう。



他にも



  • 読者の悩みを解決する記事
  • 読者が役に立ったと思えるコンテンツ
  • 読者が欲しい情報を与える記事


などを書きましょう。



いつもユーザー目線でいることを

忘れないようにしてください。



CTA

クロージング

クロージングは、CTA(Call To Action)で

締めます。



CTA(コールトゥアクション)とは、

最終的に読者にしてもらいたい行動を

呼びかけるのです。



例)

  • 今スグ無料レポートを読んでください
  • 今スグお申込みをしてください
  • 今スグ購入してください


読者にしてもらいたいことを呼びかけない

のであれば、読者は何もしません。



読者に行動して欲しいことを、

呼びかけましょう。



ルックスの綺麗な人

文章の見た目を意識

コピーは見た目が大事です。

コピーはセールストークを紙に

書き表したものだからです。



あなたの家にボサボサ頭でヒゲを

生やした男性がセールスに来ても

家に入れたくないと思います。



それと同じで、コピーも見た目が

大事なのです。



文字装飾

どこが重要な箇所なのか、文字装飾を

することは重要です。



文字装飾をしていないブログは

はっきり言って読みにくいです。



メリハリをつけるためにも

文字装飾をしましょう。



黄色が背景色の線、赤字、黒の太字

などがいいでしょう。



漢字とひらがな・カタカナ

漢字:ひらがな&カタカナ=3:7



です。



漢字が多いコピーは読みにくいです。

ひらがなを使って、柔らかい文章に

しましょう。



専門用語や業界用語は使わない

それから、専門用語や業界用語は

使わないようにしてください。



読者は、専門用語があったら、

わからないので、あなたのブログから

離脱します。



しかし、もしあなたのターゲットが

専門家である場合は、その専門用語を

使っていいです。



改行と段落

改行も適宜しましょう。



一行14字〜24字くらいまで

いいでしょう。



段落は、4行で1段落です。

5行以上ある時は、3行と2行など

分けましょう。



例)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハムスターは普通鳴きません。

うちのハムスターは鳴くので、心配して

動物病院に連れて行ったら、先生も

びっくりしたのですが、

「元気だからこんな珍しいハムスターも

いるんだと思っておけば?」

と言われました。

   ↓

ハムスターは普通鳴きませんが、うちの

ハムスターは鳴くので、心配して

動物病院に連れて行きました。



先生もびっくりしたのですが、



「元気だからこんな珍しいハムスターも

 いるんだと思っておけば?」



と言われました。

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


と、例のように、見やすいように段落を

分けます。



画像やリストで見やすくする

文章だけで読者にあなたの言いたいことが

伝わらないと思った場合は、画像や

リストを作ってください。



「メンドクサイ」



という気持ちは十分わかります。



しかし、ユーザーはあなたの

コピーがわからないなら

あなたが書いた記事は読まれないのです。



ユーザーにわかりやすい記事を

心がけましょう。



手紙

推敲

コピーを書いたら、推敲します。



推敲:執筆=3:7



です。



執筆は一気に書いて、推敲は

丁寧に丁寧にしましょう。



MacBook

まとめ

WEBライティング完全マニュアル を

お伝えしましたがいかがでしたか?



決まりごとが多くて、ちょっと

面食らったかもしれませんね。



しかし、記事の内容を考えて、

その後一気にコンテンツを書いて

推敲をするだけなので、慣れれば楽です。



あなたの作業の役に立てばと思います。



今日の記事でわからなかったことがあれば、

どんなに些細なことでもいいですので、

ロコにメッセージをください。



⇒ ロコにメッセージを書く



ご質問やご相談には48時間以内に

回答いたします。

この記事を書いた人

ロココンサルタント
大学院博士課程まで進学するが病気を
理由に中退し、ニートになる。
ある日、ネットビジネスに出会い、
人生が大逆転する。

現在は、情報発信、コンサルティングや
Kindle執筆などをする。

Kindleは、6冊出版。Amazonランキングで
6部門1位に輝いたり、頻繁にベストセラー入り
したりする。

現在もKindleを執筆中。