読書している女性


ロコです。



「オープニングにインパクトがありません。

 これでは、ここで大半の読者が

 落ちてしまいます」



3年半前、私がライティングコンサルの

先生に口を酸っぱくして言われた言葉です。



何度も何度も注意されました。



そのたびに、私は落ち込みました。



「インパクトのあるオープニングの

 つもりなんだけどな。。」



でも、先生の言うように、オープニングに

インパクトがないと反応率が確かに

悪いのです。



それで、私は、他の人のメルマガの

オープニングをスワイプファイルに

ストックすることにしました。



スワイプファイルのスワイプとは、

「借りる」という意味です。



つまり、



「うまくいったコピーをパクる」



という意味です。



プロと言われるコピーライターは

みんなスワイプファイルに参考になる

コピーをストックしています。



それで、ストックしたコピーを

自分流にアレンジしてオープニングに

使い始めました。



そうすると、毎日のようにオープニングの

ことで、注意していた先生が、注意しなく

なりました。



しかも、クリック率も上がり、成約率も

上がったのです。



今回の記事では、読者が読みたくなる

文章の書き方を伝授します。



本のタイトル

タイトル

タイトルは、



「思わずクリックしてしまった」



と思うようなタイトルのマネをしましょう。



オープニングにも書いたように、

うまいコピーはスワイプして

いきましょう。



また、数字を入れるとインパクトがあります。



メリットを強調する

読者に



「記事を読んだら、こんな

 メリットがあるんだよ」



ということを強調しましょう。



例)

45分で15万円稼ぐ方法



価格に関するタイトル

タイトルに数字を入れると

インパクトが強くなります。



例)

500円で100万円の気分を味わいませんか?



ニュース性が高いタイトルにする

トレンドを取り入れると、反応が

いいです。



例)

ボジョレーが入荷しました。



本

オープニング

オープニングは、インパクトのある

オープニングにしましょう。



「オープニングがすべて」



とコピーライティングの世界で

言われるように、読者はオープニングで

先を読むかどうか決めるのです。



オープニングで落ちたら、あなたの

記事は成約どころか、読まれません。



また、有名な心理学も使いましょう。



カリギュラ効果

禁止されるほどやりたくなる

心理現象のことを言います。



「読まないでください」と言われると

読みたくなりませんか?



認知的不協和

人が矛盾する認知を同時に抱えた状態を

表す社会心理学用語を言います。



例)

タバコを毎日吸って、肺がんに絶対に

ならない方法を知りたくないですか?



プロスペクト理論(損失回避)

何かを得るか失うという選択の時に

人は損をしたくない気持ちが強くなって

しまうという性質のことを言います。



「実はあなたもやっていた!痩せない

 ダイエット」



と書いていると、続きが読みたくなると

思います。



ブログ

本文

本文には何を書いたらいいのか、

そして、どういうコピーライティングの

テクニックを使ったらいいのかを書きます。



体験談を書く

本文は、体験談を書きましょう。



自分の体験>他人の体験



です。



他人の体験を書くよりも、自分の

体験を書く方が、読者の心に響きます。



ストーリーで書く

また、ストーリー仕立てで書きましょう。

ストーリーは、文字のない太古の

昔から語り継がれてきました。



学問的には説明がつかないらしいの

ですが、ストーリーは万人が好み、

読まずにいられない威力を持っています。



ストーリーだと、読者は感情が揺さぶられ、

書き手に共感するのです。



Wikipediaを最初から最後まで読むことって

あまりないのではありませんか?



説明文は、誰の心にも響かないのです。

また、読者が読みたくなる文章は、



  • 読者の悩みを解決する記事
  • 読者の役に立つ記事
  • 読者が欲しい情報が書かれている記事


です。



ストーリーを作る際の参考にしましょう。



万年筆

コピーライティングのテクニック

次に、読者が思わず読みたくなる

コピーライティングのテクニックを

お話します。



他の記事と被りますが、復習のつもりで

読んでください。



読みやすくわかりやすい文章

読みやすくわかりやすい文章で

書きましょう。



小学校5年生でもわかる文章です。

専門用語や業界用語は使わないように

してください。



読者はわからない言葉が出てきたら

あなたのページを閉じます。



あなたのターゲットが、何かの専門家なら

いいですが、そうでない場合は、誰にでも

わかりやすい言葉を使ってください。



見た目が大事

コピーライティングは、見た目が 大事です。

見た目が悪いと、3秒ルールで

読者にページを閉じられてしまいます。



一文は60字までにしましょう。

一文が長いと主語が何だかわからなく

なるからです。



一行の長さは、14字〜24字までです。

一段落は4行までで、5行以上になるので

あれば、「。」で区切って2行と3行に

分けましょう。



また、文字装飾をするのも大切です。



大切な部分には、黄色が背景の線か

赤い文字か、黒の太文字にしましょう。



でないと、見にくい記事になって

しまうからです。



漢字とひらがな&カタカナの割合

漢字:ひらがな&カタカナ=3:7



にしましょう。



ひらがなを使って、柔らかい文章を

心がけましょう。



また、カタカナを時々使って、コピーに

リズムをつけることも大事です。



数字を使う

たくさん・いっぱい・すごく・ぼちぼち ・割と・かなり



   ↓



数字をできるだけたくさん使うと

プロのコピーライターが書いたように

なります。



例)

  • 7個のバスケットボール
  • 3個のりんご
  • 13個のレモン


カギカッコを増やす

おもしろい小説は、カギカッコが多いです。



実際、私の好きな村上春樹さんの作品は

会話が多く、私は夢中になって夜更けまで

読んでしまうことがあります。



例えば、お問い合わせメールやskype上での

やりとりなどをカギカッコで書くと臨場感が

増して、読者も引き込まれます。



一文字でも減らす

これはあまり知られていないことですが

コピーは一文字でも減らすことができるなら

減らさねばなりません。



これは、億万長者のコピーライターも

注意していることだそうです。



ダラダラ長い文章を読んでも、

「まどろっこしい」

と思うだけです。



減らせる文字は減らしましょう。



例)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

甥っ子の成長が早いこと、早いこと。。

この前まで小さな赤ちゃんだったのに、

もう2年生になりました。



それだけ私も老いたんだなあと思うと、

ちょっと複雑な心境になります。



   ↓



甥っ子の成長が早いんです。

この前まで赤ちゃんだったのに

もう2年生です。

それだけ私も老いたと思うと

複雑な心境になります。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


というように、スッキリしたコピーに

なります。



「どうして1字でも削除しなければ

 ならないのですか?」



わかりやすく言えば、学生時代の

校長先生のスピーチ。



イヤじゃなかったですか?



私はあまりに校長先生の話が長くて、



「早く終わらないかな」



といつも思っていました。



要点だけ言えば、もっと短くなるはずです。



あなたも同感ではないですか?



読者目線でいること

これはコピーライティングの

テクニックではないですが、

とても大切なことです。



読ませる文章を書くには、読者目線で

書きましょう。



読者があなたの文章を読むのです。

読者のためのコピーです。



「こう書いたら読者はどう思うかな?」



「ここにたとえ話を入れたら、

 わかりやすいんじゃないかな?」



「ここは会話文にしたら、テンポよく

 読んでもらえるかな?」



など、ユーザーのことを第一に

考えて文章を書きましょう。



本

まとめ

読者が読みたくなる文章の書き方を

お伝えしましたが、



「ちょっとここは細かすぎるんじゃない?」



というように思うこともあったかも

しれません。



しかし、コピーライティングのテクニック

なので、しっかり落とし込んでください。



それから、何度も言いますが、タイトルと

オープニングは、読者があなたの記事を

読むか読まないかが決まる大切な箇所です。



スワイプファイルを作成して、タイトルと

オープニングをいつも工夫してください。





「体験談ってどんなものでもいいのですか?」



といったご質問があれば、ロコに

メッセージをくださいね。



⇒ ロコにメッセージを書く



ご質問やご相談には48時間以内に

回答いたします。

この記事を書いた人

ロココンサルタント
大学院博士課程まで進学するが病気を
理由に中退し、ニートになる。
ある日、ネットビジネスに出会い、
人生が大逆転する。

現在は、情報発信、コンサルティングや
Kindle執筆などをする。

Kindleは、6冊出版。Amazonランキングで
6部門1位に輝いたり、頻繁にベストセラー入り
したりする。

現在もKindleを執筆中。