本


ロコです。



記事作成をゼロからやろうと思って

いませんか?



私も初心者だった6年前は、ない頭を

振り絞って、ゼロから書こうと必死でした。



「初心者だから知識もないし、

 記事を書くことなんて無理だよ。。」



と、諦めかけたこともありました。



ある日、『アイデアのつくり方』で

ジェームス ・ウェブ・ヤングが



「アイデアとは既存の要素の新しい

 組み合わせ以外の何ものでもない」



こう言っているのを知って、私達の

アイデアは、書籍やテレビ、ネット

からなどの知識や経験から生まれると

わかったのです。



だから、記事作成も、他のブログを

リサーチして情報収集すればいいと

いう結論に至りました。



なので、あなたも記事作成をする際には

ゼロから生み出そうと思わないでください。



WEBライティングの記事作成は

リサーチや情報収集が肝心です。



でないと、読者が満足いくような

記事を書けないからです。



今回は私の記事作成のリサーチや

情報収集のやり方をお伝えします。



ブログを作成している男性

記事作成の手順

以下が私の記事作成の手順です。



1. 記事ネタ選定

2. キーワード選定

3. ライバルブログのリサーチと情報収集

4. マインドマップを作成し、記事構成を考える

5. 記事を書く

6. 推敲する



この6つからなります。

順番に見ていきます。



1 記事ネタ選定

最初に記事ネタ選定をします。



  • そのネタは読者の悩みなのか?
  • そのネタは読者が知りたいことなのか?
  • そのネタについて確実な情報は十分あるのか?
  • 自分で記事が書けそうか?


この辺りを考えながら記事ネタを

選びます。



「そのネタについて確実な情報は

 十分がるのか?」



については、最初はざっとでいいので、

ライバルサイトのリサーチをしてください。



いライバルブログに情報がありそうなら後で、

本格的にリサーチと情報収集します。



キーワード選定

ネタが決まったらキーワード選定です。



キーワード選定は、上位表示できる

キーワードを探すのに時間がかかるので

ツールを使いましょう。



私はCompassを使っています。



外出前や寝る前にCompassを

回しておけば、お宝キーワードが

ザクザクみつかります。



Compassはこちらです。



COMPASS レビューと特典



ライバルブログのリサーチと情報収集

この段階で、狙っているキーワードで

実際に検索してみます。



1位から10位までリサーチと情報収集をします。



ここで注意して欲しいのが、ニセの情報に

惑わされないということです。



インターネットは検索で、目的のものが

すぐにみつけられて便利ですが、情報が

一次情報でなく、二次情報や三次情報などを

扱ったものが多いです。



なので、わからなかったら、書籍から

調べることをオススメします。



なぜなら、ネットの情報と違って、書籍の

情報は正確なものが多いからです。



また、狙っているキーワードと類似している

キーワードでも検索しましょう。



そして、参考になる記事は、Evernoteや

Pocketなどにストックしましょう。



人気のメモアプリ | Evernote で大切なノートを整理



Pocket: Log In



また、サーチエンジンの検索テクニックに

ついてはこちらを参考にしてください。



検索能力を向上させてビジネスで差をつけよう



ビジネスの図

マインドマップを作成し、記事構成を考える

私は、記事を書く時や考え事をしている時は

マインドマップを使います。



頭の整理ができて、記事をサッと

書くことができるからです。



記事を書くのが遅くて悩んでいる方は

マインドマップを使ってみてください。



また、リサーチと情報収集の段階と

マインドマップ作成は同時進行で行います。



参考になる情報があればマインドマップの

ブランチをドンドン広げていき、情報に

基づいて自分の言葉でマインドマップを

作成していきます。



マインドマップについてはこちらに

書いているので参考にしてください。



ライティング初心者が記事を速く書く7つのコツ



記事を書く

マインドマップが十分納得するまで

出来上がったら、自分の言葉で

記事を書いていきます。



コピペやリライトではなく、必ず

オリジナルの記事を書いてください。



Googleからペナルティを受けるからです。



他のブログを参考にしても、一度自分の

頭で考えてマインドマップにしているので

オリジナルの記事が書けるはずです。



推敲

記事を書いたら推敲してください。



執筆:推敲=3:7



と覚えておいてください。



しっかり時間をかけて推敲しましょう。



iMacに図書館が映っている

リサーチや情報収集する時の悩み

リサーチや情報収集する際のこんな

悩みはありませんか?



情報がない

「このネタで書こうと思ったけど

 情報がないなあ」



そういう場合は、類似のキーワードで

検索し、上位記事をリサーチします。



類語は、こちらで調べましょう。



類語辞典・シソーラス・対義語 – Weblio辞書



そして、関連キーワード取得ツールや

goodkeywordで狙っているメイン

キーワードを調べてみましょう。



関連キーワード取得ツール(仮名・β版)



goodkeyword – Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール



あなたの狙っている複合キーワードと

類似したキーワードがあったら、

それでも検索してみます。



例えば、



「文章 書き方」



という複合キーワードを狙っているのなら、



「記事 書き方」

「文章 表現力」

「文章 作成」



などを検索して上位表示の

ブログをリサーチしてもいいわけです。



イメージとして、キーワードを

周りから攻めていくという感じです。



書籍にも情報がないし、ネットにもないと

いうことであったら、別のキーワードを

探しましょう。



記事が書けない

「記事が書けない。。」



こういう時って私もたまにあります。



記事が書けない時は、リサーチ不足と

いう場合が多いです。



ですので、徹底的にリサーチすることです。



もし、あなたが書きたい記事でなくて

記事が書けないのであれば、他のネタを

探した方が記事を速く書けます。



女性が本を読んでいるところ

まとめ

今日は、WEBライティングの記事作成の

リサーチや情報収集について解説しました。



狙っているキーワードを検索して、

上位表示している記事をリサーチしながら、



マインドマップを作成して

いけば記事が速く仕上がります。



また、情報収集のためには、読書を

して欠かさずインプットする努力も

しなければなりません。



読者に正確な情報を発信することを

忘れずに記事を書きましょう。



「ロコさん、コピーライティングに

 関する記事を書くために、本を読もうと

 思うのですが、何がオススメですか?」



といったご相談がありましたら、

私にメッセージをください。



⇒ ロコへのお問い合わせはこちら



ご質問やご相談には48時間以内に

回答いたします。

この記事を書いた人

ロココンサルタント
大学院博士課程まで進学するが病気を
理由に中退し、ニートになる。
ある日、ネットビジネスに出会い、
人生が大逆転する。

現在は、情報発信、コンサルティングや
Kindle執筆などをする。

Kindleは、5冊出版。Amazonランキングで
6部門1位に輝いたり、頻繁にベストセラー入り
したりする。

現在もKindleを執筆中。