鉛筆とノート


ロコです。



私はライティングコンサルタントです。



と言っても、これは仕事の正式名称では

ありません。



私が名乗っているだけです。



よく、WEBライターになりたい人に



「仕事を探しているのですが、どんな

 仕事があるんですか?」



「WEBライターはどうやって仕事を

 探すんですか?」



などと相談されます。

しかし、私は外注としてWEBライターを

雇ったことはあるのですが、自分でWEBライターを

やったことがありません。



だから、答えられずにいました。



つい先日も質問されたので、今回

いい機会だと思って、調べてみました。



インターネットは文字の世界

インターネットは文字の世界です。



「YouTubeは違うんじゃないの?」



YouTubeは台本があります。

Instagramも、画像や動画と共に文字を

書きます。



よって、インターネットは文字の世界

だと言えるのです。



だから、読者に伝えたいことを伝える

文字を扱う「ライター」は貴重な

存在なのです。



「ライター」にもいろいろあります。



なので、自分の強みや弱みを知って

おく必要があるのです。



そうすることで、あなたに合った

ライターは何なのか知ることができます。



メモをしている人

ライターの種類

ライターの種類はたくさんあるのですが

5種類紹介します。




ライターの種類

  • コピーライター
  • セールスライター
  • WEBライター
  • 取材ライター
  • 番外編:ライティングコンサルタント




コピーライター

コピーライターは、企業や広告のキャッチ

コピーを作ります。



広告は、テレビやラジオ、雑誌、

インターネットなどです。



セールスライター

商品のセールスレターやジムのホーム

ページなど、商品の広告を書くのが

セールスライターです。



セールスライターは、ライティング

スキルが必要です。



訓練しなければ、稼ぐのは難しい

でしょう。



WEBライター

アフィリエイトサイトやホームページ、

ブログ、メルマガなどの記事を書きます。



もちろんライティングスキルが必要です。



自分がこうしたいからという意見は

言ってはいけません。



クライアントの要望を第一に考えないと

いけないからです。



自分の書きたいように自由に書けないので

私はあまり魅力を感じません。



取材ライター

実際に現地に出向いて、お店やスポットなどを

取材して記事を書いたり、インタビュー記事を

書いたりします。



もちろん、文章力も必要ですが、インタビューを

するため、コミュニケーション能力が

必要です。



番外編:ライティングコンサルタント

私の仕事です。



ライティングコンサルタントになった経緯は最初、

アフィリエイトをしていて、ライティング

コンサルを受けました。



それで、ブログやメルマガの方に記事を

書いていたらブランディングされて、

トレンドのコンサル生に



「ロコさんのような記事が書きたいです」



と言われて、コンサル生ができたのが

最初です。



それからは、自分の持っているブログや

メルマガなどの媒体で、コンサル生を募集して

ライティングコンサルをしました。



内容は、記事を書いてもらって、

添削・指導する仕事です。



もし、ライターで成功したいなら、

ライティングコンサルを受けることを

オススメします。



なぜなら、自分で自分の文章の悪いクセなどは

わからないからです。



コンサル生の最初の添削は、大半のコンサル生が

ショックを受けます。



「文章力に自信があったのに。。」



とみんなが言います。



そのくらい添削箇所が多いということです。



ライティングコンサルタントは、

ライターというよりも、アフィリエイターや、

ブロガーなどにライティングを

指導する先生のことを言います。



タイプライターで文字を打っている人

ライターに向いている人

次にライターに向いている人を あげます。



ライティングスキルのある人

ライターは、ライティングスキルが

ある人でないと、仕事がきません。



文章力を磨くことが大事です。



コピーライティングの勉強方法に

ついて書いた記事ですが、こちらが

参考になると思います。



コピーライティングの勉強方法は?オススメ本と教材紹介



文章を書くのが好きな人

ライターは文章が好きな人でないと

務まりません。



イヤイヤライターをしても、

いい文章が書けないからです。



情報収集が好きな人

ライターは、書くだけではありません。

情報収集もしなくてはなりません。

その情報を整理して、記事などを

書くのです。



情報収集が苦になるようでしたら

ライターには向いていません。



地道な作業が好きな人

ライターは、孤独な作業です。



1人でパソコンに向かって、黙々と

仕事をこなさなければなりません。



このような地道な作業が好きな人で

あれば、ライターに向いています。



注意という標識

ライターに向いていない人

ライターに向いていない人は、次の

とおりです。



ライティングスキルがない人

ライティングスキルがない人は

ライターに向いていません。



「てにをは」ができていない人や

国語の文法がなっていない人のことです。



例えば、主語と述語が一致していない

文章が多いとか、省略している言葉が

多くて文章の意味が通じないなど、

文法がおかしい人です。



こういう国語の問題は、自分では気づかないので

ライティングスキルの高い人に見て

もらいましょう。



締切が守れない人

納品期限を守れない人は、クライアントに

迷惑をかけることになるので、契約解除

されてもおかしくありません。



締切はきちんと守るようにしましょう。



クライアントの意向を守れない人

あなたは、クライアントから仕事を

もらっているのです。



だから、あなたが「こうしたい」「ああしたい」

などはどうでもいいのです。



クライアントが

「ここはこうしてください」

と校正の指摘を受けたら、受け入れてください。



クライアントの意向を守れない人は

ライターには向いていません。



ライター

ライターの仕事の探し方

ライターの仕事探しは、クラウドソーシング

から探しましょう。



クラウドソーシングについては、

こちらが詳しいです。





人気のクラウドソーシングは、ランサーズや

クラウドワークスです。



基本的にネット上でのやりとりで仕事ができます。



「初心者OK」「主婦の方歓迎」など

募集しているものもあるので、探して

みてください。



ノートとペン

まとめ

ライターの仕事は、紹介したものの他にも

たくさんあります。



自分に合ったやり甲斐のある仕事を選んで

毎日を楽しく過ごしたいですね。



私のライティングコンサルの詳細を

知りたい方は、下記までご相談ください。



その他のご質問やご相談も受け付けています。



⇒ ロコに質問や相談をする



ご質問やご相談には48時間以内に

回答いたします。

この記事を書いた人

ロココンサルタント
大学院博士課程まで進学するが病気を
理由に中退し、ニートになる。
ある日、ネットビジネスに出会い、
人生が大逆転する。

現在は、情報発信、コンサルティングや
Kindle執筆などをする。

Kindleは、6冊出版。Amazonランキングで
6部門1位に輝いたり、頻繁にベストセラー入り
したりする。

現在もKindleを執筆中。